注意点。ゲストに長時間背中を見せるスタイルであることを忘れずに!

ブライダルエステを受けておく

趣のある教会でキリスト教式の結婚を挙げるというのは特に女性に憧れが強いのではないでしょうか。オーシャンビューの式場など美しくドラマチックな式場もありますので、キリスト教式の結婚式を選ぶカップルも少なくはないでしょう。ですが、この形式では式場の入り口から入場して神父様の前まで歩き、来場者に背中を向けた状態で式が進行していきますので他の形式よりも新婦の背中が見られることになります。ドレスによっては長いベールで背中を隠すこともできますが、薄く透けてしまいますので安心はできません。

海では堂々とビキニを着ているし、特に背中には自信があるという場合でも白いウエディングドレスを着ると背中が際立って見えますので産毛や小さなニキビも目立ってしまいます。必要ないと感じる人も1度はブライダルエステを受けておくと安心して背中が大きくあいたウエディングドレスを着ることができます。

アフターケアを入念にしておく

昨今は若年層でも美意識が高くなって背中が非常に綺麗な女性も少なくありません。そのような場合には特別なブライダルエステを受ける必要はありませんが、シェービングを受けて産毛を除去しておくとウエディングドレスを着た時に肌のトーンが上がり見栄えが良くなります。ここで注意したいのが式の1週間程度前にシェービングを行うということです。1週間前だとまた産毛が生えてくるので式の直前の方が良いという人もいますが、万が一の肌トラブルを視野に入れるとやはり1週間程度前がベストタイミングだと言えます。

また、シェービングを行いますのでしっかりと保湿などのアフターケアを行っておかないと肌荒れなどの原因にもなります。式の日まで大変にはなりますが背中は自分では中々ケアを行いにくい部分ですので、家族やパートナーに手伝ってもらう、エステを利用するなどしてしっかりと綺麗な状態を維持できるようにしましょう。

© Copyright Big Event Wedding. All Rights Reserved.